NPOを元気にする課題解決ノウハウバンク『困ったときのゲンバの知恵袋』

ノウハウバンクHOME > 資金調達

助成金

  助成金は、ある程度まとまったお金を得ることができる、ありがたい資金です。

  また助成申請は、自分たちを見つめ直す、よい機会となります。また第三者に自分たちがやりたいことを伝え、評価を受ける貴重な機会でもあります。「団体がステップアップする良いきっかけになりますよ」という声は、しばしば聞かれます。
  しかし、助成金の多くは受けられる回数や年数に制限がある、対象となる事業の内容や使途に制約があるなど、自由度が低いことに注意しなければなりません
 (詳しくは、「助成金、どう探す?」をご覧ください)。

   また、団体の能力に見合わない多額の助成金をもらってしまうと、申請内容どおりに実行できなかったり、事業を実施することに追われて、団体の理念を見失ってしまったり、助成期間終了後に継続が難しくなってしまったりという危険性もあります。
  


 

 

 

<助成金申請時の注意点>
  今の自分たちの活動に相応しい助成金か、メンバーでしっかり検討することが大切です。
  助成金は、取れるかどうか確実ではなく、申請金額が全額出るかどうかも分かりません。助成金頼みの事業は、年間計画に確定した事業とは分けて、考えるほうがよいでしょう。
 助成終了後にどのように継続・展開するか、財源や体制はどうするのか、申請時から構想を練り、助成期間中は「仕込み」の時期と捉えて、意識的にノウハウや経験、人脈を蓄積していきましょう。

 


PAGE TOP
ノウハウバンクHOME > 資金調達
フッター
Copyright © 2010 NPO法人市民セクターよこはま ALL RIGHTS RESERVED.