NPOを元気にする課題解決ノウハウバンク『困ったときのゲンバの知恵袋』

ノウハウバンクHOME > ネットワーク・連携・協働

後援や協賛を得る

   後援とは、市民活動団体が主体的に行う事業に対し、行政や支援機関、他の市民活動団体等の名義を使用することによって、団体や事業に対する信頼や支持をより広く得ようとするものです
([例]○△市◇□局後援)。
    後援を得ることで広報の協力が得られたり、使用する施設の場所代が減免になったり、先行予約できる場合もあります。後援を得る条件は、公益的な活動であることや、主旨が後援を得ようとする機関等の活動目的に合致しているかなどが挙げられます。横浜市では、詳細は各局各課によって異なります。

    協賛は、事業やイベントなどの趣旨に賛成し、協力してもらうことで、一般的には資金・物品の提供などがあります。

    いずれの場合も、申請する事業を応援すれば、支援者側にもメリットがあることを明確に伝える必要があります。信用のおける団体であると認識してもらえることも大切なポイントです。

 


PAGE TOP
ノウハウバンクHOME > ネットワーク・連携・協働
フッター
Copyright © 2010 NPO法人市民セクターよこはま ALL RIGHTS RESERVED.