横浜市市民活動支援センター運営事業
Yokohama Citizens Empowerment Center

【7/22開催】地域支え合いフォーラム (参加費無料) ~だれもが活躍できる地域へ~

イベント posted:2016.06.13

多くの人が関わることのできる、地域支え合い活動へ

一人ひとりのライフスタイルを大事にしつつ、多くの人が関わることができる
地域支え合いの新しいかたちはどのようなものなのでしょうか。
介護保険制度の見直しという節目にあって、活動のスタイルも世代も変化の兆しが見えてきました。
他都市や横浜から注目の事例を学び合い、わたしたちの活動のこれからを考えます。

【プログラム】

●「団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて」
横浜市健康福祉局

●実践報告 ~横浜及び他都市の事例紹介~
事例①:介護保険事業と「様々なインフォーマル活動に取り組んでいます」
認定NPO法人じゃんけんぽん(群馬県高崎市)
報告者:井上 謙一 氏(認定NPO法人じゃんけんぽん 理事長)

事例②:「プラチナ世代ならでは」の活動があります
NPO法人グループたすけあい(青葉区)
報告者:清水 雅子 氏(NPO法人グループたすけあい 理事長)

事例③:支え合いのまちは「お互いの元気を引き出す」あったかいまちです
千丸台地区社会福祉協議会(保土ケ谷区)
報告者:南出 俊男 氏(千丸台地区社会福祉協議会 会長)

事例④:「これからどんな暮らしがしたいか・・」の先に、Cafeがありました
Cafeハートフル・ポート(旭区)
報告者:五味 真紀 氏(Cafeハートフル・ポート 店主)

●ディスカッション
実践報告者の方たちと会場の参加者を交えて、ディスカッションを行います。

●コーディネーター
清水 洋行 氏(千葉大学文学部 地域社会学・都市社会学専攻)
吉原 明香(横浜市市民活動支援センター 責任者)
————————

チラシ

参加費無料

【概要】
●日時:2016年7月22日(金)18:00-20:45(受付 17:00 ~)
●対象:市民活動や地域活動・自治会活動実践者
   (市民、NPO、行政 など)
●定員:先着 200 名(事前申込み制)
●会場:横浜情報文化センター6階ホール
   (横浜市中区日本大通 11 番地)

【申込方法】
FAXまたはメールにて、氏名・所属・電話番号を本文に記載のうえ、お送りください。
また、お電話でも受け付けております。お気軽にご連絡ください。
※お申込みで受付を完了とさせていただきます。ご返信は致しませんのでご了承ください。
TEL:045-223-2666
FAX:045-223-2888
MAIL:daihyo@hamacen.jp;

【主催】
横浜市市民活動支援センター
横浜市

【お問い合わせ】
横浜市市民活動支援センター
横浜市中区桜木町1-1-56 みなとみらい21クリーンセンタービル5階
TEL:045-223-2666
FAX:045-223-2888

関連記事

横浜市市民活動支援センター運営事業 お知らせ

animato17号 できました!

最近の人気記事

まちかどケア事業(認知症ケア事業) レポート

認知症サポーター講座 横浜オリジナル補助教材

まちかどケア事業(認知症ケア事業) お知らせ

認知症サポーター・ガイドブックが完成しました!!

NEWS

今年も認知症キャラバン・メイト養成研修を実施します。

page top