コラム
Column
認定NPO法人市民セクターよこはま  理事長 中野しずよ

熊本地震の復興と私たち市民活動実践者としての備え コラム

posted:2016.05.31

熊本を中心とする九州地方の地震で被害にあわれた皆様方に、心からお見舞いを申し上げます。

2回の大きな揺れだけでなく、度重なる地震に襲われています。避難生活の不自由さに加え、地の底から押し寄せてくる地鳴りに、身も心も休まることのない日々がどんなに不安かとお察しします。なにげない日常が大切で貴重なものであったことを、今さらながら思い知らされました。

東日本大震災の際にも学びましたが、復旧復興に向けてのニーズは時期によって変わっていきます。当時者の方々の声を聴き、寄り添いながら息の長い支援が必要となります。ささやかでも自分たちでできることや、得意分野、専門性を生かした応援の形を見出していこうと思います。

さて、地球の内部での動きを考えると、この先どこか身近な地域で起きる恐れも予想されます。私たち自身の備えもおろそかにできません。当法人においても、横浜市市民活動支援センター内での備蓄の物品を点検しました。

日頃から、避難方法だけでなく、助けたり助けられたりする関係性や、貢献できる可能性について話し合う場を意識的に設けることは、決して無駄になることはありません。心構えをあらたにし、防災・減災について学び合ってはいかがでしょうか。

中野しずよ

page top

最近の人気記事

まちかどケア事業(認知症ケア事業) レポート

認知症サポーター講座 横浜オリジナル補助教材

NEWS お知らせ

情報誌「animato19号」が発行されました♪

まちかどケア事業(認知症ケア事業) イベント

【申込終了】2016年度認知症キャラバン・メイト養成研修

page top