組織概要
about us

理事長
中野しずよ/ Shizuyo Nakano

◇私がつくりたい未来
 誰もが心穏やかに暮らすことができる社会

◇私の過去
 四人の子の出産・子育てに孤軍奮闘していたころ、ご近所から親切に助けていただき乗り切ることができました。
 その有難さを、恩返しするよりも「恩おくり」として地域の中で巡り巡るような仕組みがほしいと思い、1992年、仲間と集い、住民によるお互いさまの助け合い活動「ワーカーズわくわく」をはじめました。
 その後、介護保険や障害者支援・貧困家庭の児童支援など、NPOとして「市民の心でプロの技」を磨き、地域のお役に立てることにつながっています。

◇私の今(2020年)
 横浜市親と子のつどいの広場事業や、横浜市男女共同参画市民公募事業などの選定委員に携わる機会を得て、若い方々の発想力や前進する力をまのあたりにしています。
 課題解決への道すじに期待し、応援しています。

◇今気になっているキーワード
#貧困と学力格差 

◇委員歴
横浜市社会福祉審議会委員 (2009年度~2018年度)
横浜市環境未来都市計画懇談会委員 (2013年度~2018年度)
瀬谷区地域福祉保健計画策定・推進委員会委員 (2004年度~現在)

副理事長
松本道雄/ Michio Matsumoto

◇私がつくりたい未来
 支えあいのつながりによるネットワークとしての社会

◇私の過去
 2008年、建築士としての知識と経験を地域で生かしたいと、地元の公園でのまち普請事業の応募に関わったのがきっかけです。
 その後、同事業の審査員を通して横浜の地域まちづくりに興味を持ち、2015年より「NPO法人横浜プランナーズネットワーク」に参加してまちづくりコーディネーターとしての活動を始めました。
 地元では、「高島中央公園愛護会」として地域住民とNPO・企業との連携、「ブリリアみらいコミュニティ」としてマンションの管理組合と連携をした防災・コミュニティづくりに取り組んでいます。
 上記と並行して、2015年市民セクターよこはま理事に就任、2016年より副理事長。
 
◇私の今(2020年)
 自分たちだけではできないことも、立場の違う様々な主体が力を出して支えあうことで実現できることがあります。
 地域や社会をよりよくするという大きな目標に向かって、既存の枠組みに囚われずに連携をしていくためには、相手に寄り添い、お互いが共感できるストーリーを練り上げていくことが重要だと考えています。
 これまでにない主体の組み合わせにより、そこに新たな価値が生まれ、社会を変えていくイノベーションを実現していきたいです。

◇今気になっているキーワード
#協働 #共創 #SDGs #イノベーション #共感 #価値 

◇委員歴
横浜市地域まちづくり推進委員会 ヨコハマ市民まち普請事業部会 委員 (2011年度~2014年度)
横浜市環境創造審議会 水と緑の基本計画部会 委員 (2015年度)
横浜市公園公民連携推進委員会 委員 (2018年度~)

副理事長
鈴木智香子/ Chikako Suzuki

◇私がつくりたい未来
 子どもたちが希望を持って、幸せに暮らせる未来

◇私の過去
 美大の建築科を卒業後、ゼネコン設計部で集合住宅の部署を希望して配属。
 その後同僚とルームシェアを開始し、その実践をもとに、「君の部屋は僕の部屋」というタイトルで建築雑誌の住宅コンペで1等をとりました。シェアリングネットワーク、セルフビルド、参加型といったコンセプトはそのころから。
 2010年に横浜商建連携事業の一つの試み「商店会養蜂事業」をきっかけとして、コミニティカフェを港北区大倉山に開設。
 2018年1月より、横浜市生活支援補助事業サービスBを開始しました。

◇私の今(2020年)
 シニアサロンの「おでかけミエル」や、乳幼児親子対象の「みんなの台所」、多世代が集まる「みんなの食堂」と、多様な人々がどうお互いに混じり合い、理解し合って、支えあっていけるかを小さなカフェで実践中。
 「空き家活用や、拠点の運営について」といった視察、相談対応も多く、ソフトとハードをともに考えられる環境にやりがいを感じています。
 超少子高齢化社会への解を次の世代の人たちとともに考えていきたいと思います。

◇今気になっているキーワード
#支えあい #多世代交流拠点 #孫育て

理事・事務局長
吉原明香/ Sayaka Yoshihara

◇私がつくりたい未来
 「今このとき、共に在る」ということを喜び合える社会の実現

◇私の過去
 複雑な家庭環境に育ちましたが、二度目の母により話を聞いてもらえる嬉しさや整った食事に恵まれ、明るさを取り戻していきました。結婚して家族を持ち、時はバブル期、佐賀から横浜に来ました。知り合いもいない中、近所の方々から子育てを助けてもらい今があります。
 31歳の時に大病をし「死」を意識した時に、逆に人生に目標ができ、33歳の時に横浜市社会福祉協議会に入職。
 35歳より横浜市ボランティアセンターにて市民活動支援担当となり、横浜の市民活動を担う方々に魅了されました。
 40歳で社協を退職、2002年より当法人事務局長。

◇私の今(2020年)
 2009年より横浜市市民活動支援センター責任者。
 ほとんどの事業をNPOや地縁組織、行政、企業との協働で行ってきたことを生かして、様々な主体の相談やコーディネートにあたっています。
 「プラットフォーム」を相互に支える生きたネットワークをつくることに挑戦しています。

◇今気になっているキーワード
#包摂的かつ持続可能 #二項対立から脱構築へ #テクノロジーの力 

◇委員歴
横浜市福祉サービス第三者評価推進員会委員 (2013年度~現在)
横浜市社会福祉協議会ふれあい助成金運営委員会委員 (2013年度~現在)

理事
加世田恵美子/ Emiko Kaseda

◇私がつくりたい未来
 争いのない社会、ここに今こうしていることが幸せ、と感じられる社会。

◇私の過去
 「OL」、男性の補助的仕事で名刺なし、結婚して寿退社。企業向け人材育成研修をする小さな会社で、平成になったあたりで社員(兼務役員)に。人事・総務・経理・営業と何でも携わりました。
 親の認知症発症もあって50歳にして初めて転職決意。2011年9月に横浜市市民活動支援センター非常勤職員として市民セクターよこはまに入職。その後同センター副責任者、2017年度からにしく市民活動支援センターセンター長。
 「来るもの拒まず」をしていたら今になりました。何事も経験、と実感。

◇私の今(2020年)
 市民活動とは縁のない世界にいたので、最初は毎日がカルチャーショック。でも、組織の仕組みや運営・経営を一通りわかっていたことや様々な経験が、今、とても役立っています。
 私自身は辛い状態を乗り越えたことが、逆に今の能天気な強さになりましたが、組織は「人」から。人が安心して楽しく仕事できてこそ組織が活躍できます。何事も楽しくやりたいし、楽しくなるようにしたいです。

◇今気になっているキーワード
#自己肯定感 #保護主義 #温暖化 #異常気象 #老い方

◇委員歴
生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ 市民活動支援運営委員会委員 (2018年度~現在) 
青葉区地区センター指定管理者選定委員会委員 (2018年度~現在) 

理事
小島敏明/ Toshiaki Kojima

◇私がつくりたい未来
 人間中心の社会

◇私の過去
 流通コンサルティング、マーケティングエージェンシー、空間デザイン会社において、地域開発、事業開発、業態開発などの調査・企画、コンサルティング業務に携わりました。
 2011年より、慶應義塾大学SFC研究所にて、「場」や「地域」を起点としたマーケティングや社会イノベーションに関する調査研究・実践を進め、現在、横浜商科大学商学部教授、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授として学生の指導をするとともに、自治体や民間企業のアドバイザーを務めています。

◇私の今(2020年)
 社会は新型コロナウィルスの影響で未曾有な変化を迎えています。一方で、インターネットやデジタル技術はビジネスモデルやコミュニケーションのあり方を変えてきました。
 そのトレンドが新型コロナウィルスで加速し、我々はニューノーマルという、後戻りできない新たな日常を迎えています。今、一番気になるのは様々な格差の問題です。この問題を直視し、真の協働を進めることが重要だと考えます。
 これから、地域社会で暮らすこととは何か。豊かさとは何か。みなさんと考えていきたいと思っています。

◇今気になっているキーワード
#社会的共通資本 #コレクティブインパクト #コミュニティ・ソリューション

◇委員歴
群馬県高山村 「むらの中心地づくり」専門官 (2018年度〜現在) 
岐阜県飛騨市 まちづくり中間支援組織「まちプラす」アドバイザー (2018年度〜現在)
北海道東川町 未来先導プログラム 研究開発アドバイザー (2018年度〜現在)

理事
山野上啓子/ Keiko Yamanoue

◇私がつくりたい未来
 だれもが笑顔で自分らしく

◇私の過去
 20数年前、年子の子育て中にかかってきた一本の勧誘電話。「資格を取得し、仕事をしませんか?」。業務内容も知らずに行政書士事務所を開業したのは、介護保険法、成年後見法、NPO法人法が公布・施行された時代です。
 許認可業務が中心だったところへ、降ってわいた福祉分野の情報を求めてドアを開けたところが、市民セクターよこはまの世話人会でした。

◇私の今(2020年)
 横浜移動サービス協議会に関わるようになり20年。高齢や障害のために外出困難な方たちの課題解決に取り組む人や団体を支援する中間支援組織で人材育成や情報発信を中心として、横浜市や神奈川県と協働しながら活動を展開しています。 人生100歳時代、制度・サービスが多様化し、"いつでも、誰でも、何処へでも~”と言う合い言葉は、”移動の先に待っていることがある”に変わってきています。
 今年は、包括支援サービス通所型サービスBにも取り組みますが、障害のある方も子育て中のかたも、誰でも集える場を目指しています。

◇今気になっているキーワード
#ピンチをチャンスに

◇委員歴
横浜市福祉有償移動サービス運営協議会 (2018年度~現在)

理事
河原勇輝/ Yuuki Kawahara

◇私がつくりたい未来
 様々な「つながり」から新たな「コト」がうまれる場を作り続けたい。

◇私の過去
 24歳で建設会社㈱太陽住建を設立。
 本業を通した社会貢献に取組み、平成29年1月に横浜市住宅供給公社との共同プロジェクトにより開設した「井土ヶ谷アーバンデザインセンター」では、多様な人と地域をつなぐプラットフォームとして同センターの運営を担っています。
 また、NPO法人green bird横浜南チームリーダーとして、ゆるやかなコミュニティ活動を展開しています。

◇私の今(2020年)
 地域の課題を自分ゴト化し、様々な方々と一緒に考え共に行動していきたいです。

◇今気になっているキーワード
#SDGs  #空き家活用 #ワークシェアリング #リビングラボ

理事
伊藤 朋子/ ITO TOMOKO

◇私がつくりたい未来
救える命が死なない社会

◇私の過去
企業研究所の研究員で社会人をスタートし、出産後、フリーのテクニカルライターとして在宅メインのパソコン作業、という孤独な働き方を長く続けていました。パソコンの進化と共に何台ものパソコンを乗り換えながら、歩き続けてきた日々でした。そんな私が、東日本大震災に衝撃を受け、その後支援活動に関わり被災直後の東北を見たことで、防災の世界に身を置くことになりました。

◇私の今(2020年)
軌道に乗ってきたマンション防災、地域防災のアドバイザーとしての団体の仕事が今年はもう一段発展しそうです。セクターを含めた三団体で準備会をスタートした「災害復興くらし応援・みんなのネットワークかながわ」は、今年度中の発足を目指した大イベント。コロナに負けずに歩んでいきたい。芝居好きなので、いつ劇場が再開できるのかが大問題。今年の楽しみは東博でのKIMONO展。

◇今気になっているキーワード
#多様な主体 #人が死なない防災 #三者連携 #コミュニティ #ポストコロナ

監事
荒木田 百合/ Yuri Arakida

◇私がつくりたい未来
幸せだなあ、と感じる事が多い毎日を過ごせる人が多い地域社会

◇私の過去
恩師の助言を受けて、横浜市役所職員として社会人人生をスタート。市の内外の仲間と共に、将来を見据え今、横浜でやるべきコトをガンガン追求して来た。MayGarden(現代アートフェスティバル)、保健所事業松竹梅仕分け、地域福祉計画第一期、こども青少年局立ち上げなどが思い出深い。JVCボラとしてのエチオピアでの植林、神奈川子ども未来ファンドピンクシャツデーも大きな学びとなった。

◇私の今
仕事一色の人生の犠牲になって来た(?)家のケアに注力。ステイする場が気持ち良くなる、って何だろう?と考えながら作業三昧。少し目処がたった後は、体力のあるうちに、ヘルパーの資格を取って地域貢献するべく準備中。長年、行政にいてなかなか伝わりにくいと感じて来た行政論理の「公平公正」と二元代表制の使いこなし方(?)を伝えるべく、オファー頂いている学生向け講義の準備が楽しい。

◇キーワード
#不寛容 #SNSを使いこなす若者の豊富な情報量 #ナンバーワンよりオンリーワン

監事
竹谷康生/ Yasuo Takeya

◇私がつくりたい未来
 一人も見逃さない安心できる社会

◇私の過去
 研究・開発中心の生活から人事・総務を経験する機会に恵まれ、同じころから地域社会では自治会長を務めました。
 退職後、自治会長から、連合町内会事務局長、区の老人クラブ連合会長、横浜市老連監事・評議員も務めることになりました。
 並行してNPO法人市民セクターよこはまの活動に参加、また、自治会長時代から、「さかえ住宅環境フォーラム」の運営や、横浜市まちづくりコーディネーターにも関わるように。
 現在 同フォーラム会長。市民セクターよこはま副理事長。
 昨年より、栄区本郷中央地区社会福祉協議会会長も務めています。

◇私の今(2020年)
 改めて自分を見直すと、与えられた仕事を果たすために努力したことや、一緒に勉強した仲間が、次の課題の解決に大いに役立ったという幸運に恵まれたことに感謝しています。
 特に地域の課題のように、自分だけではできないことも、意見や立場の違う様々な方々と話し合い、支えあって解決できることがあります。
 大きな目標に向かって、微力をつくしたいと思います。

◇今気になっているキーワード
#オープン・イノベーション #ポピュリズム #保護主義の台頭 #AI #IoT 

◇委員歴
横浜市地域福祉保健計画策定・推進委員会委員 (2012年度~現在)
栄区地域福祉保健計画策定・推進委員会委員 (2019年度再任)
横浜市社会福祉協議会 地区社協分科会栄区代表委員 (2019年度~)

page top
常勤スタッフ/横浜市市民協働推進センター 責任者
関尾潤/ Hiroshi Sekio

◇私がつくりたい未来
互いにその人らしさが尊重される中で、暮らしていける社会

◇私の過去
筑波大学および同大学大学院では、体育・スポーツ経営学研究室に所属。住民主体による地域スポーツクラブの経営について学ぶ中で、市民活動や市民教育、大人の学び・変容に関心を持つように。東京都で地域スポーツクラブの普及・育成のためのアドバイザー(2010年~)を経験した後、スポーツの分野にとどまらず、広く市民活動支援に携わりたいと考え、2014年1月、当法人入職。

◇私の今(2020年)
横浜市市民活動支援センターでの相談業務では、主にNPO法人の立ち上げや運営に関する相談に対応。一市民として、地域や社会に対して行動されようとしていることに対して敬意を持つとともに、どのような動機や心の変化がそうした行動に結びついているのかに関心をもち、業務に携わっています。

◇今気になっているキーワード
#NPO法人 #知識創造 #コミュニティ

常勤スタッフ / 横浜市市民協働推進センター 副責任者
薄井智洋/ Tomohiro Usui

◇私がつくりたい未来
「社会をより良くしたい」と考える方や現場のチカラとなり、協働を軸に市民が主体となってより良いまちを創る。

◇私の過去
大学時代、研究室にこもって新薬の研究をしていました。
あるとき患者さんに会いに行く機会があり、現場に近ければ近いほどやりがいを感じたことが、大きなターニングポイントとなります。
自分は現場で社会課題と徹底的に向き合いたい、力を合わせて課題を解決したいのだと気がつき、大学院進学目前に進路変更。公共ビジネスを学ぶ専門学校に入学、その後自分でNPOを立ち上げ、個人や団体、プラットフォームを支援する中間支援の大切さを痛感。2011年5月に市民セクターよこはまに入職しました。「現場第一主義」という軸は、セクターに入職して9年経っても変わっていません。

◇私の今(2020年)
大切にしていることは、自分の足で現場に飛び込んで、生の声を心で聞くこと。社会課題と向き合う辛さはあっても、現場で奮闘する皆さんの温かい心に触れることで、より良い社会のために何ができるのか、目をそらさず向き合うことを諦めない情熱とパワーをいただきます。それが今の私の原動力です。

◇今気になっているキーワード
#協働 #デザイン思考 #ソーシャルインパクトボンド 

常勤スタッフ
山田素子/ Motoko Yamada

◇私がつくりたい未来
あたたかなつながりづくりと居場所づくり

◇私の過去
少年犯罪に興味を持ち、法学部で刑事政策を専攻、更生保護分野において「居場所と役割」の重要性を学びました。同じく大学在学中にフィリピンで子どもの教育支援・ボランティア活動を経験、現地NGOのボランティアコーディネーターの考え方・暮らし方に刺激を受け、草の根活動の魅力にひかれるようになりました。大学卒業後、社会福祉士を取得。2016年4月市民セクターよこはま入職。

◇私の今(2020年)
現在入職5年。横浜市市民活動支援センターに2年勤務、にしく市民活動支援センターにしとも広場3年目。にしくでは、主に西区地域づくり大学校や情報誌を担当しています。「(地域で)なにかやりたい!」と考えている人がたくさんおり、その想いを語ることや聞く人がいることで少しずつ実現につながっていくことを、実際に目にして実感するようになりました。これからも、素敵な人と人との出会いやちょっとした気持ちの変化が起きる場づくりに取り組んでいきたいと思います。

◇今気になっているキーワード
#災害時のつながり #コーディネーター #ネガティブケイパビリティ 

常勤スタッフ
藤崎さゆり/ Sayuri Fujisaki

◇私がつくりたい未来
多様性を認め合い、様々な課題を「自分ゴト」として考えることができる社会

◇私の過去
佐世保市社会福祉協議会に勤務。地域課題に向き合う中で、課題解決には様々な枠を超えた包括的支援と、真のニーズを聴く力の必要性を実感しました。その後、福祉系企業の事務局で新任から管理職まで全職員向け研修を構築・運営すると共に、職員のメンタルヘルスを担当。相談を受ける中で、精神障害や発達障害を持つ職員へのサポートとして認知行動療法やSST、TEACCHを学び、障害者相談支援専門員の職に就きました。2017年、家族の転勤に伴い横浜へ転居、市民セクターよこはまに入職。

◇私の今(2020年)
『まちで暮らす多様な人たちが「活躍する機会」を豊かにつくることができる』ように、その方の想いを心で聴き、地域の方をはじめ、関わる全ての人に学びながら、既存の枠に囚われず、必要な事に対して柔軟な「ハブ」として、「つながり」を創っていきます。

◇今気になっているキーワード
#協働 #レジリエンス #自分ゴト #ほどよい距離感

常勤スタッフ
田中 優加/ Tanaka Yuka

◇私がつくりたい未来
ひとびとが最期まで誇りを持って生ききれる社会

◇私の過去
埼玉県出身。両親が共働きだったため、幼少期から祖父母と多くの時間を過ごしました。
高齢社会における介護のあり方に課題を感じ、新卒では、有料老人ホームで勤務しました(介護福祉士を取得)。
その後はベンチャー企業に転じ、介護専門職に向けた情報プラットフォームの構築に携わりました。

◇私の今
2020年8月に入職し、横浜市市民協働推進センターで勤務しています。
推進センターの運営・事業を通して、横浜の市民活動の歴史や現状を学び取りながら、
今後どのような支援が求められるのかを考えています。

◇今気になっているキーワード
#地域包括ケアシステム #リビングラボ #反脆弱性

常勤スタッフ
染谷日向子/ Hinako Someya

◇私がつくりたい未来
誰もが自分らしさを表現できる風通しのよい社会

◇私の過去
長野県生まれ。
都内の劇場で企画制作・広報を4年半務めたのち、
2018年10月に市民セクターよこはまにコーディネーターとして入職。
2018年10月~2020年3月、横浜市市民活動支援センターで総務・施設管理・広報等を担当。

◇私の今(2020年)
入職からまもなく二年。越してきた当初は横浜に縁もゆかりもなく、どこか余所者のような感覚がありましたが、地域で想いを持って活動する方々との出会いを通して、どんな人であっても自分らしく堂々と暮らしてよいのだとかえって勇気づけられました。
今年に入り、新型コロナウイルスにより「集まる」ことがリスクになったことに、一職員として衝撃を受けました。同時に横浜での子育てを考えるようになり、頼れる場所があることのありがたさや地域のつながりの必要性を一個人としても強く実感しました。
2020年7月より産休・育休に入りますが、社会の変化から目を離さず、パワーアップして復帰したいと思います。


◇今気になっているキーワード
#持続可能な社会 #多世代 #教育 #対話

常勤スタッフ
小川彩子/ Ayako Ogawa

◇私がつくりたい未来
その人の「できないこと」を指摘するのではなく、「できること」を尊重し合える社会

◇私の過去
大学卒業後、総合商社の事務職として勤務。結婚を機に退職後、夫の海外赴任に同行。2人の子どもの出産と子育てをドイツで経験し帰国。子どもの不登校をきっかけに、仕事の合間に子育てNPO法人でコーチングを学び、親が変わると子どもも元気になることを実感。2017年8月市民セクターよこはまに入職。

◇私の今(2020年)
横浜市市民協働推進センターに勤務し、施設管理等に携わっています。子育てNPO法人にも所属していますので、コーチングを中心に各種プログラムや各地でのイベントを通じて、子育て中のお母さん、お父さんたちを元気にするお手伝いをしています。

◇今気になっているキーワード
#子育て #生きづらさ #自分らしさ #多様性

page top