組織概要
about us

『自立した自治意識を持った市民社会の形成』

一人ひとりの市民が、自らの思いを実現するために行動するとともに地域や社会の必要を敏感に感じ取り、深く考え、果敢に行動し、責任をもって役割を担い、互いに必要な時は支えあう信頼と優しさを培い、自らの関わる社会の決定に参画し、必要があれば社会的な制度を創りだす、そのような自立した自治意識を持った市民社会の形成をめざします。

認定NPO法人市民セクターよこはま 理事長
中野しずよ

かつて、双子と年子の子育てにシックハックしていたわたしを、ご近所の方々が陰に日向に、助けてくれたことがありました。 また、生涯教育の学級で学び、一人ではできない事も仲間と一緒ならいろいろなことが出来るという可能性にも気づかされました。

このような経験から、一人はみんなの為に、皆は一人の為に、この気持ちで繋がってゆくと身近な事の解決に自分一人ではどうにもならなくても、皆がいると相談したり智慧を出し合ったり 助け合ったりすることで乗り越えていくことが出来るなあ、生きてゆく見通しがついたなあと思ったものです。

今私たちが生きているこの世の中は、かつてわたしが体験したような、「仲間としての支え合いの関係」が少なくなって、乗り越えていく力を引き出し合うことが難しくなっていると思います。

「あの方、今厳しそう・・・」見ようと思うと見えちゃう。その時に知らないふりをするのか、共に生きようとするのか、そこで次の動きが変わっていきます。

「共に生きているという実感がある」それこそが、わたしたち市民が創りだす「幸せ」と「豊かさ」ではないでしょうか。

中野しずよ

1989年、仲間とともに生涯教育学級「グループわくわく」を立ち上げる。1992年には、地域でのたすけあい活動を目的とする「ワーカーズわくわく」を設立。2000年に介護保険事業に参入、以後、介護保険事業、障がい福祉サービス事業、保育サービス事業、行政からの委託事業などを手がけ、現在は相談役を務める。
上記と並行して、2003年から市民セクターよこはま理事、2008年から理事長。

認定NPO法人市民セクターよこはま 理事・事務局長
吉原明香

横浜は、市民活動も地域活動も盛んな地域で、「自らのまちの課題はまず自らが取り組む」という高い自治意識をもった人や組織が多くあります。市民セクターよこはまは、そのような人や組織が集まってできた団体です。設立から16年が経ち、役員の顔ぶれも変わりましたが、ミッション・ビジョン・行動原則は受け継がれ、20~30代も含めた各世代の職員にも浸透しつつあります。

2009年から、公設民営施設である横浜市市民活動支援センターと言う大きな役割をいただき早7年、そろそろ民間の中間支援組織としての役割もさらに果たしていきたいと考えるようになりました。

草の根団体のネットワークとしての原点をもう一度見つめなおし、一人ひとりの市民が主人公として、幸せと豊かさを実感できる市民社会の実現を目指していきます。

吉原明香

1995年より、横浜市社会福祉協議会・横浜市ボランティアセンターにて、市民活動支援担当となり、横浜市内の在宅福祉活動団体のリーダーの方々と出会い、その考え方・行動に魅了される。NPO法成立と介護保険開始を前にした1998年「市民セクター構築のための研究会」を立ち上げ、1年後「市民セクターよこはま」が設立される。
2002年より市民セクターよこはま事務局長、2009年より横浜市市民活動支援センター責任者。

page top
認定NPO法人市民セクターよこはま 定款 pdf
クリックすると、各役員・スタッフのプロフィールがご覧いただけます。
役員
理事長
中野しずよ
副理事長
竹谷康生
副理事長
松本道雄
理事・事務局長
吉原明香
理事
加世田恵美子
理事
斉藤保
理事
田尻 慎太郎
理事
山野上啓子
理事
井上義臣
理事
河原勇輝
監事
西尾敦史
監事
大塚 宏
スタッフ
常勤スタッフ
嶋田 拓郎
常勤スタッフ / 横浜市市民活動支援センター副責任者
関尾潤
常勤スタッフ / 横浜市市民活動支援センター 主任
薄井智洋
常勤スタッフ
山田素子
常勤スタッフ
藤﨑さゆり
page top
年次レポート
2018年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業計画書 PDF
2017年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF 事業計画書 PDF
2016年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF 事業計画書 PDF
2015年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF 事業計画書 PDF
2014年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF 事業計画書 PDF
2013年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF 事業計画書 PDF
2012年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF 事業計画書 PDF
2011年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF 事業計画書 PDF
2010年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF
2009年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF
2008年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF
2007年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF
2006年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF
2005年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF
2004年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF
2003年度(事業報告/決算報告・事業計画/予算) 事業報告書 PDF
page top
沿革
  • 【phase1】 ------------------------- 市民セクターよこはま発足からNPO法人化までの道のり -------------------------
  • 1998.7 「市民セクター構築のための研究会」発足
  • 1999.9 「市民セクターよこはま」設立(9/28)
  • 1999.12 横浜市への要望書提出「新しい公共の創造へ向けて」
  • 2000.1 配食サービス連絡会発足
  • 2001.7 デイサービス・サロン連絡会、事業型NPO連絡会発足
  • 2002.2 横浜ワールドポーターズに「NPOスクエア」開設
  • 2002.10 横浜市市民活動共同オフィスの管理運営を受託(〜2009,3)
    協働のありかた研究会参画
  • 2003.4 「特定非営利活動法人 市民セクターよこはま」設立・登記(4/1)
    精神保健連絡会発足
  • 【phase2】 ------------------------- 法人化(2003.5)以降のできごと -------------------------
  • 2004.7 横浜会議で研究テーマを提案、採択される
    『「暮らしを支える生活術マトリクスモデル」作成と市民力を活かした新システムの研究』
  • 2004.8 認知症ケアマネジメント推進事業開始
  • 2004.11 福祉サービス第三者評価事業開始
  • 2007.10 コミュニティビジネス支援事業開始
  • 2007.11 横浜市中区住吉町(関内)に事務所移転
    地縁型組織とテーマ型組織の協働モデル事業開始
  • 2008.5 理事長松本和子退任、中野しずよ就任
  • 2009.7 横浜市市民活動支援センター運営開始
  • 2012.7 認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)として国税庁より認定
  • 2013.4 にしく市民活動支援センター委託運営開始
page top

認定特定非営利活動法人
市民セクターよこはま

所在地:
横浜市中区太田町4丁目49番地
NGS横濱馬車道ビル802

TEL: 045-222-6501

FAX: 045-222-6502

*電話受付時間:朝10時〜夕方4時

page top